古橋懐古館とは

愛知県奥三河飯田街道と美濃街道が交わり、古くから交通の要衝の地として栄えた稲武。山はどこまでも高くそびえ、湧き出る水は清冽をきわめる山紫水明の地、稲武。この稲武に古橋懐古館はあります。

18紀半ばより、この地の豪農「古橋家」が収集した歴史的にも、あるいは文化財としても貴重な書画、骨董を古橋懐古館は数多く展示・収蔵しております。殊に幕末維新期の資料が充実しており、維新の心を伝える特徴ある歴史民俗資料館です。

古橋懐古館の歴史

古橋家は今から約300年前、初代が中津川よりこの地に移住し、代々酒造を業としてきましたが、6代暉皃は国学に傾倒し、文久3年(1863)、江戸に上り、平田銕胤の門に入り、これを機に、国学者・儒学者・勤王家・経世家などの書画を収集しました。

その子7代義真がこれを受け継ぎ、一貫した思想で意図的に収集し、時恰も明治の変革期に当り、その広い交友と資質とにより、収集の分野を広め、その子8代道紀もよくこれを護持継承し、昭和20年末、その死去に際し、遺言により、山林1千余町歩と共に、これら秘蔵品も併せ寄付し、財団法人古橋会を創設しました。

財団法人古橋会は、8代の実弟川村貞四郎が初代理事長となり、公民館・保育園・病院等、各種公益事業を推進してまいりましたが、昭和33年、7代の50年祭を記念し、展示館を建設し、これらコレクションの一部を展示いたしました。

その後、酒倉・味噌倉も改造して拡張公開し、書画に加え、陶漆器、民具等も併せ陳列いたしました。

その開設の趣旨は、単にこれを、美術・骨董の展示会場としてではなく、館の入口に掲示してある初代理事長の「古橋懐古館の記」に明らかな様に、父祖3代に亘る志の恢弘を図ろうとするもので、時代の先覚者として混迷期に挺身し、報国の誠を致した志士仁人先哲の遺墨を通して、その人格思想にふれ、参観される方々が現代に生きる者としての覚悟を新たにされることを、切に期待しているものであります。

ページのトップへ戻る